当サイトでは、当サイトではサイト運営費捻出のため、広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないよう配慮してコンテンツを制作しておりますのでご安心ください。万が一、不適切な表現など見つけられましたら、お問合せフォームからご連絡頂けると幸いです。

建設業に強い求人サイトおすすめ徹底比較8選|転職サイトの正しい選び方を解説

建設業に強い 転職サイト

  • 建設業に強い求人サイト・転職サイトを教えてほしい!
  • たくさん転職サービスがあって、どれを選べばよいかわからない。
  • 何としても、今回の転職を成功させたい

求人サイトを利用して転職活動を進めることは一般的ですが、自分に合ったサービスを選んで、正しい方法を理解している人は意外と少ないです。

本記事は、建設業に強い求人サイトを8つに厳選して徹底比較しました。

各サービスの特徴をよく理解し効果的に利用することで、ブラック企業も多い建設業の転職でも失敗しなくなります。

いわん太
いわん太

各サービスの特徴を徹底比較しているので、まずは比較表からご覧ください。

もし、自分にあったサービスがわからない。そもそも転職するか悩んでいるといった方は、無料のキャリア相談も受付ていますので、お気軽に連絡くださいね!

監修者

施工管理→発注者

いわん太

プロフィール

空調施工管理にて現場代理人まで経験。その後施工管理の経験を活かし、ファシリティマネージャーという発注者側に転職。現在、同じ施工管理のNEXTキャリアにお悩みの方に無料キャリア相談を行っている。

建設業に強い求人サイトおすすめ比較8選

いわん太
いわん太

建設業に強い求人サイトの比較表です。

評価こんな人におすすめ特徴運営会社公開求人数対象求人検索
建設・設備求人データベース
公式サイト
多くの求人から選びたい方建築・土木・設備・プラントなど幅広い求人>詳しくはこちら㈱クイック
東証プライム上場企業
13,649全国
RSG建設転職
公式サイト
年収UPしたい方
異業種転職したい方
月収UP率99%以上、不動産求人も多数>詳しくはこちら㈱RSG5,000以上全国×
施工管理の転職エージェント
公式サイト
大手企業に転職したい方中堅・スーゼネ・デべに強い>詳しくはこちら㈱学情
東証プライム上場企業
非公開関東・中部・関西×
建築転職
公式サイト
住宅系に転職したい方求人企業が取引先で内情を把握>詳しくはこちら㈱トップリフォーム9,182全国
建職バンク
公式サイト
電気・設備系に転職したい方累計利用者数266万人超>詳しくはこちら㈱アーキベース10,812全国
建設キャリアプラス
公式サイト
電気・通信系に転職したい方電気・通信設備に特化>詳しくはこちらツクリンク㈱非公開全国×
ハピすむ住まいキャリア
公式サイト
リフォーム業界へ転職したい方リフォーム業界に特化
>詳しくはこちら
㈱エス・エム・エス 
東証プライム上場企業
1,000社以上一都三県×
発注者支援業務ナビ
公式サイト
発注者支援業務へ転職したい方発注者支援業務に特化
>詳しくはこちら
㈱ライズ135全国
※2023年6月28日時点の求人数を掲載

【登録必須】建設業に強い求人サイトおすすめ比較3選

いわん太
いわん太

ここからは各サービスについて、詳しく解説していきます。

建設・設備求人データベース

公式サイト:https://plant.ten-navi.com/

建設・設備求人データベース
おすすめ度
 (5)

建設・設備求人データベースを利用すべき人

幅広い求人を確認したい方

建設・設備求人データベースのメリット・デメリット

東証プライム企業が2011年より運営。建築・土木・設備・プラントなど幅広い業種の豊富な求人数が魅力。

建設業以外の求人はない

建設・設備求人データベースの口コミ

20代後半/男性
20代後半/男性

「この人なら安心」という気持ちにさせて頂きました。

建設設備メーカーの新築工事の施工管理業務 → 建物総合管理会社の施工管理業務

アドバイザーが建設・不動産業界に精通

アドバイザーの方は、建設・不動産業界について精通されており、数々の有益なアドバイスを頂き、私を導いて頂きました。コミュニケーション能力も非常に高く、「この人なら安心」という気持ちにさせて頂きました。本当に感謝しております。ありがとうございました。

参照:公式サイト

20代後半/男性
20代後半/男性

安心して転職活動ができました。

建設総合管理会社の設備管理業務データセンター運営会社のファシリティマネジメント業務

アドバイザーの知識が豊富

建設や設備系に特化されていたので、求人の内容も良く、アドバイザーの知識も豊富でした。

対応の早さや、選考時のアドバイスも的確でしたので、安心して転職活動ができました。実際に働くのはこれからですが、現状自分にとってベストな選択ができたと思っているので満足しています。

参照:公式サイト

建設・設備求人データベースは、東証プライム1部上場の㈱クイックが運営する建設業に特化した転職サイトです。

2011年からサービスを運営しており、建築・土木・設備・プラントなど幅広い求人を紹介してもらえます。

建設業に精通したアドバイザーとの無料相談に申し込めば、非公開求人を紹介してもらえるので、建設業で経験のある方なら優良求人に出会える確率が高まります。

また、待遇・福利厚生の詳細求人企業の業界内での立ち位置強み・弱み経営状況社風配属部署の雰囲気など、他では手に入らない具体的な情報があるので、応募前に企業や雇用条件をしっかり確認できるので安心です。

いわん太
いわん太

まずは、どんな求人を紹介してもらえるか、アドバイザーに相談してみましょう。

まずは公式サイトから無料相談

1分で登録完了

RSG建設転職

公式サイト:https://rsg-c.jp/

RSG建設転職
おすすめ度
 (5)

RSG建設転職を利用すべき人

年収アップしたい方不動産業界にも興味のある方

RSG建設転職の強みと弱み

月収UP率99%以上の実績。不動産業界(発注者側)にも強い。

求人検索ができない

RSG建設転職利用者の声

男性
【Before】準大手ゼネコンの土木施工管理(年収700万円)
【After】スーパーゼネコンの土木施工管理(年収850万円)
施工管理:31歳 男性
 (5)

建設業界専門だったので理解が早く助かりました。初めての転職で、さらに現職がかなり多忙なため、土日や平日夜でも対応してくれたのはRSGのみ。準大手で50億前後の工事経験を積んでいたこと、工事経歴とスーパーゼネコンへの憧れの気持ちを高く評価いただき、念願の内定をいただけた。

参照:RSG公式サイト

女性
【Before】中小規模の設計事務所(年収480万円)
【After】電鉄系大手デベロッパーのリノベーション設計(年収580万円)
設計:31歳 女性
 (5)

他の転職エージェントでは設計事務所の紹介が多かった中、デベロッパーの企業も含め幅広い企業の提案をいただけた。
とにかくサポートが手厚く、紹介企業の提案理由や細かい説明を受け、安心してエントリーができました。

参照:RSG公式サイト

RSG建設転の特徴

RSG建設転職は、建設業界・不動産業界に特化した転職エージェントです。

「不動産」「建設」「不動産管理」の各業界を横断した提案が特徴で「モノづくり」の中でキャリア形成したい方にはおすすめの転職エージェントになります。

いわん太
いわん太

不動産業界は、ディベロッパーや不動産管理など『発注者』になりやすい業界です。

月収UP率99%以上の実績やRSGオリジナルの面接対策にも定評があるので、年収アップや手厚い転職サポートを受けたい人におすすめです。

まずは公式サイトで無料相談

不動産業界にも強い!

施工管理の転職エージェント

施工管理の転職エージェント

公式サイト:https://re-katsu.jp/career/agent/sekokan/

施工管理の転職エージェント
おすすめ度
 (5)

施工管理の転職エージェントを利用すべき人

大手企業に転職したい方

施工管理の転職エージェントのメリット・デメリット

東証プライム企業が運営。中堅・スーパーゼネコン、ディベロッパー求人に強い

地方の求人には弱い

東証プライム上場企業の学情が運営する施工管理の転職エージェントは、大手企業に転職したい方向けのサービスです。

上場企業である㈱学情の知見やコネクションをフル活用し、年収600万円以上の優良企業のみ厳選して取り扱っています。

オリジナルの厳格な判断基準で選ばれたいるため、残業が多すぎたり、離職率が高い企業などは取り扱っていないのも安心です。

いわん太
いわん太

ディベロッパーなど発注者側の求人もあり、施工管理でハイクラス転職を狙っている方におすすめです。

まずは公式サイトで無料相談

年収600万円以上の求人を厳選

【業種別】建設業に強い求人サイトおすすめ比較5選

いわん太
いわん太

次は、各業種に強みを持った転職サービスです。

建築転職

建築転職

公式サイト:https://kenten.jp/

建築転職
おすすめ度
 (4.5)

建築転職を利用すべき人

住宅系で転職を考えている人

建築転職の対象エリア

全国

建築転職の強みと弱み

・アドバイザーは、建築関連の国家資格者が中心

・求人企業の多くは取引先のため、求人情報に記載されないリアルな情報が手に入る

・設立して日が浅い(2015年10月)

建築転職は、建設業界に特化した転職サイトです。

運営元の㈱トップリフォームは、2019年に「ベストベンチャー100」に選出たり、「アジア太平洋地域の急成長企業ランキング(2021年)」建設業部門で1位を獲得している勢いのある企業です。

建築転職自体も、『建設業界で働く人が選ぶ転職エージェント』で3冠を達成しているサービスです。

・建築士におすすめ No1
・施工管理技士におすすめ No1
・サポート体制 No1

いわん太
いわん太

勢いのある転職エージェントです。

特に、住宅系の求人が強みで、直接取引した会社が求人企業のため、他では知れないリアルな情報などを知ることができるので、安心して利用することができます。

建設業界で働く人が選ぶ転職エージェント

建職バンク

建職バンク

公式サイト:https://kenshoku-bank.com/

建職バンク
おすすめ度
 (3.5)

建職バンクを利用すべき人

電気・設備業界を希望の方

建職バンクの対象エリア

全国

建職バンクのメリット・デメリット

・電気工事に強い

・建設業界専門のキャリアアドバイザーが独自情報(残業時間や内定オファー金額)

・累計利用者数266万人超えの充実した書類選考、面接対策

・設立して日が浅い(2020年3月)

建職バンクは、建設業界に特化した転職サイトです。

特徴は、電気工事の求人に強いことです。

建職バンクは、約1万件の求人のうち半数近くが電気工事の求人になります。

いわん太
いわん太

累計利用者数266万人超えており、利用者も多いです。

スカウトメールを受け取れたり、転職サイトとしての機能も充実してます。電気工事関係でステップアップしたい方や建設業のスカウトを受けたい人におすすめです。

建設業界専門のキャリアアドバイザーに相談すれば、残業時間内定者のオファー金額など独自情報を教えてもらえます。まずは無料相談してみましょう。

まずは公式サイトで無料相談

電気工事に強い!

建設キャリアプラス

公式サイト:https://kensetsucareerplus.com/

建設キャリアプラス
おすすめ度
 (3.5)

建設キャリアプラスを利用すべき人

電気設備・通信工事関係にしたい方

建設キャリアプラスのメリット・デメリット

日本最大級(80,000社以上)の建設事業者マッチングプラットフォーム運営会社のサービス

電気設備・通信設備以外の求人は弱い

建設キャリアプラスの特徴

建設キャリアプラスは、建設事業者向け受発注マッチングプラットフォームのツクリンク㈱が運営する転職サービスです。

いわん太
いわん太

電気・通信に特化しているサービスは、僕が知る限り建設キャリアプラスだけです。

電気設備・通信設備業界に転職したい方は、まずは公式サイトから無料相談してみましょう。未経験求人も数多く取り揃えているので、未経験の方も安心して利用してみて下さい。

まずは公式サイトから無料相談

1分で登録完了

ハピすむ住まいキャリア

公式サイト:https://hapisumu.jp/lp/career/lp3

ハピすむ住まいキャリア
おすすめ度
 (4)

ハピすむ住まいキャリアを利用すべき人

リフォーム業界希望の方

ハピすむ住まいキャリアの対象エリア

一都三県

ハピすむ住まいキャリアの強みと弱み

・東証プライム企業が運営

・リフォーム業界特化のエージェント

・設立して日が浅い(2022年8月)

・求人は一都三県以外のみ

東証プライム企業の㈱エス・エム・エスが運営するハピすむ住まいキャリアは、建築・リフォーム業界に特化した転職サイトです。

特徴は、リフォームの求人に強いことです。

いわん太
いわん太

業界では珍しいリフォーム専門の転職サイトです。

サービス開始が2022年8月と日は浅いですが、面接・入社まで専任エージェントのサポートがあり、履歴書のチェック、志望動機や自己PR作成のアドバイスなどもバッチリしてくれるので安心です。

リフォーム業界で転職を考えている方におすすめです。

まずは公式サイトから無料相談

リフォーム業界に強い!

発注者支援業務ナビ

発注者支援業務ナビ

公式サイト:https://hattyusyashien.rise-jms.jp/

発注者支援業務ナビ
おすすめ度
 (4)

発注者支援業務ナビを利用すべき人

公共工事の発注者側を希望の方

土木施工管理の方

発注者支援業務ナビの対象エリア

全国

発注者支援業務ナビの強みと弱み

業界唯一の発注者支援業務専門サイト

発注者支援業務以外の求人はない

㈱ライズが運営する発注者支援業務ナビは、業界ではかなり珍しい公共工事の発注者支援業務に特化した転職サイトです。

ライズは、旧建設省(現在の国土交通省)をはじめ、国や行政による発注者支援業務が国内において実質的に始まった頃から転職支援を行っており、発注者支援業務を行っている企業の役員クラスと幅広いコネクションを持っています。

いわん太
いわん太

土木の場合、発注者側で働く選択肢が限られるので、特化したサービスがあるのはありがたいですね。

土木施工管理の方で、発注者側で働きライフワークバランスをよくしたいと思っている方におすすめです。

まずは公式サイトで無料相談

発注者側で働ける!

【併用・未経験】建設業に強い求人サイトと合わせて利用するべきサービス2選

いわん太
いわん太

次は、建設業に強いサービスと併用しておいた方がよいサービスです。転職初心者にもおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント
おすすめ度
 (5)

リクルートエージェントの求人数

公開求人数:約36.6万件 

非公開求人数:約27.3万件

※2023年3月時点の求人数を掲載

リクルートエージェントの対象年齢

20代~50代

リクルートエージェントの対象エリア

全国

リクルートエージェントのメリット・デメリット

・業界No1の非公開求人数

・中小企業から大企業まで幅広い取り扱い

・AIを利用した求人選定が主流になりつつある

・担当者がイマイチなことも

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の転職エージェントです。

求人数の多さ最大の魅力で、業界No1の非公開求人量を保有しています。

求人数の多さは転職エージェントにとって重要な要素です。

なぜなら、どんなに質の高い転職エージェントでも紹介する求人がなければマッチングしないからです。

いわん太
いわん太

僕もリクルートエージェントを利用してホワイト転職に成功しています。

リクルートエージェントは、年齢層も20代前半~50代、会社規模も中小から大企業まで非常に幅広い求人を保有しており、転職初心者からベテランまで誰でも利用しやすい転職エージェントです。

利用すべき人

・転職者全員

年齢や会社規模、年収に関わらず必ず登録しておくべき転職エージェントです

登録無料。利用してデメリットなし

FM職の求人数(当サイト調べ)

発注者であるFM(ファシリティマネジメント)職の求人数を検索したところ、公開求人(非公開求人除く)482件ありました。

※2023年3月時点の求人数を掲載

doda

doda

公式サイト:https://doda.jp/

doda
おすすめ度
 (4)

dodaの求人数

公開求人数:約18.9万件 

非公開求人数:約4.1万件

※2023年3月時点の求人数を掲載

dodaの対象年齢

20代~50代

dodaの対象エリア

全国

dodaのメリット・デメリット

・転職サイト機能やスカウト機能あり

・業界No2の求人数

・日曜はカウンセリング休み

dodaは、リクルートエージェントに次ぐ求人数を誇る転職エージェントです。

リクルートエージェントに比べて求人数は少ないですが、dodaは転職サイトの機能を備えています。

履歴書を作成できる『レジュメビルダー』や企業からオファーが届く『スカウトメール』などdodaオリジナルコンテンツも豊富です。

いわん太
いわん太

転職サイトも登録しておきたい人におすすめです。

総合型転職エージェントとして年齢層や求人数、会社規模等、転職初心者からベテランまで誰でも利用しやすい転職エージェントです。

利用すべき人

・転職サイトも合わせて登録しておきたい人

登録無料。利用してデメリットなし

FM職の求人数(当サイト調べ)

発注者であるFM(ファシリティマネジメント)職の求人数を検索したところ、公開求人(非公開求人除く)628件ありました。

※2023年3月時点の求人数を掲載

建設業に強い求人サイトを選ぶポイント

求人サイトを選ぶポイント
いわん太
いわん太

建設業に強い求人サイトを選ぶポイントについて解説します。

各サービスの強みを理解する

建設業に強い求人サイトを選ぶポイントは、サービスの強みを理解することです。

なぜなら、転職サービスを選ぶのは、あくまで手段だからです。

転職には、年収アップやライフワークバランス改善など、転職を通じて達成したいことがあるはずなので、その目的を叶えてくれるサービスを選ぶ必要があります。

いわん太
いわん太

建築・土木・住宅・電気・設備などの業種や、施工管理や設計などの業種によっても、各サービス異なる特徴があります。

間違って自分の希望しないジャンルのサービスを選んでしまっては、ちゃんとした求人を紹介されない可能性があるので、注意しましょう。

公開求人数・非公開求人数を参考にする

建設業特化の求人サイトを選ぶ際、公開求人数非公開求人数は必ず確認しておきましょう。

なぜなら、どんなに素晴らしいサービスでも、自分に合う求人がなければ、理想の転職先を見つけることができないからです。

いわん太
いわん太

塩ラーメンが食べたいのに、とんこつラーメンや醤油ラーメンしか提供していない店に入ってしまうと食べたいものが食べられませんよね。

確率の問題で、求人数が少ないと、自分に合う求人に出会える確率が下がるので、求人数は求人サイトを選ぶ上で重視すべき項目です。

非公開求人について

非公開求人は、一般的に出回っていない求人で優良な求人であることが多いです。非公開求人の保有数も確認しておきましょう。

運営会社を参考にする

転職サイトの運営会社も、判断基準の一つとなります。

なぜなら、転職業界は参入障壁が少なく、悪質な転職サイトもあるからです。

悪質な会社は、自分たちの利益を優先するあまり、求職者とマッチしない求人を無理やり斡旋してくることもあります。

いわん太
いわん太

もちろん、今回ご紹介しているサービスに悪質な会社はありませんのでご安心下さい。

大手企業であれば、悪質性や担当者の教育など一つの安心材料になるので、求人サイトを選ぶポイントとなります。

建設業に強い求人サイトの効果的な利用方法

求人サイトの効果的な利用方法
いわん太
いわん太

建設業に強い求人サイトを選ぶポイントについて解説します。

建設業特化求人サイトと総合型転職エージェントを併用

おすすめの転職エージェントの利用方法は、総合型転職エージェントと特化型転職エージェントを併用することです。

なぜなら、総合型と特化型それぞれのメリット、デメリットを補えるからです。

総合型と特化型の転職エージェントのメリット・デメリットは以下の通りです。

総合型特化型(建設業)
求人数多数少ない
地域全国ある程度限定
職種幅広いある程度限定
学歴・職歴ある程度必要不要
専門性担当により低いことも建設業に特化
対応力担当により低いことも面接・書類対策◎
料金無料無料

総合型は求人数が多く、幅広い求人があるのがメリットですが、専門性やきめ細かい対応力に欠ける場合があります。

一方建設業特化型の求人サイトは、総合型のメリットである求人数や地域、職種数は弱いものの、職歴に関係なく建設業に特化したサービスに強みがあります。

総合型と特化型を併用することは、両者のメリットデメリットを上手く補完でき質の高いサービスを受けることが可能になります。

今回ご紹介した7つの建設業特化型求人サイトと合わせて、下記の総合型転職エージェントと併用して利用しておくと効果的です。

リクルートエージェントとdodaは、業界最大手の転職エージェントなので、おすすめです。

公開求人で『建築』で検索した求人数も多く、その他不動産ディベロッパー発注者であるファシリティマネージャー(FM)求人も取り揃えているため、キャリアの選択肢を広げることができおすすめです。

リクルートエージェント doda
建築41,99829,358
不動産33,89227,194
発注者2,3222,531
PM1,3991,010
FM482628

効果的に転職活動を進めたい方は、公式サイトから無料登録しておきましょう。

総合型転職エージェント

公式】リクルートエージェント

転職支援実績No1の転職エージェント。転職初心者なら、まずは登録しておくべきサービスです。

≫詳しくはこちら

総合型転職エージェント

公式】doda

業界最大手の転職エージェント。大手企業から中小企業まで幅広い求人が魅力。

≫詳しくはこちら

複数社登録し各サービスを比較する

転職サービスは、最低でも2社以上登録しておくのが一般的です。

理由は、各サービスの担当者や求人を比較検討できるからです。

少なくとも2社登録しておけば、一方のサービスが自分にあわなかったり、思ったような求人がなくもて、もう一方でリスクヘッジできます。

いわん太
いわん太

2社を比較することで、担当者や求人の良し悪しの見分けることができます。

転職上手な人は、複数社を利用して転職活動を優位に進めていることを覚えておきましょう。

建設業の転職で失敗しないためのコツ4つ

失敗しないためのコツ4つ
いわん太
いわん太

建設業の転職で失敗しないコツは4つあります。

転職サイトではなく転職エージェントを利用する

転職で失敗しないコツは、転職サイトではなく転職エージェントを利用することです。

なぜ転職サイトではなく転職エージェントなのかというと、転職活動のサポート内容が全然違うからです。

転職サイトと転職エージェントのサポート内容の違いは、以下の通りです。

転職サイト転職エージェント
求人数公開求人のみ公開+非公開求人
情報収集自分で検索専任エージェントより求人提案
スカウト機能一部ありなし
転職相談なし専任エージェントによる面談あり
応募書類対策なし 専任エージェントのチェックあり
推薦状を書いてもらえることも
面接対策なし企業別面接対策あり
日程調整なし専任エージェントが調整
年収交渉なし専任エージェントが企業と交渉
料金無料無料

転職サイトは、自分で好きな求人を探して応募できたり、スカウトをもらったり自分のペースで転職活動ができるメリットがあります。

一方、転職エージェントのような面談対策応募書類のチェック面接対策日程調整年収交渉などは自分で行う必要があります。

いわん太
いわん太

忙しい建設業の方は、なかなか転職活動に時間を割けないため、転職エージェントのサポートが必須です。

しかも無料なので、利用しない手はありません。

強力な転職サポートを受けることができる転職エージェントを利用することが、転職を成功させるのが必須条件です。

転職の軸を明確にしておく

建設業に限らずですが、転職で失敗しないコツは『転職の軸』を明確にしておくことです。

転職の軸とは、自分が転職で何を実現したいのか優先順位をつけておくことです。

いわん太
いわん太

僕の場合、ライフワークバランスが一番、その次に職種、その次に年収でした。

転職の軸を明確にしておくと、転職エージェントに明確な希望条件を伝えることができるので希望に沿った求人を紹介してもらいやすいです。

いわん太
いわん太

似たような条件の求人があった場合の判断基準になるのでおすすめです。

転職活動を始める前に『転職の軸』を明確にしておきましょう。

建設業でホワイトな職種を押さえておく

建設業の中でも、比較的ホワイトな業種を押さえておきましょう。

施工管理であれば、『メーカー施工管理』『改修ゼネコン』は、きついと言われる施工管理の中でも、比較的ホワイトといわれてます。

いわん太
いわん太

ライフワークバランスを改善したい人は、必ず押さえておきましょう。

詳しくは、こちらの記事で解説しています。

同僚や上司に転職することを相談しない

最後に、退職届を提出するまで上司や同僚に転職に関する相談をしないことをおすすめします。

なぜなら、引き止めにあったり、社内で噂になったりするのでいいことがないからです。

いわん太
いわん太

結局、会社関係者に相談したところで何も解決しないことがほとんどです。

であれば、百害あって一利なしなので家族、友人以外には相談しないようにしましょう。

Q&A

建設業でホワイトに働く方法はありますか?
正直企業によって異なるので一概にはいえません。ただし2024年から残業規制などが始まり改善傾向に進んでいます。
建設業以外でおすすめの転職先はありますか?
発注者への転職は僕も働いているので自信を持っておすすめできます。不動産管理のPMやFMといった職種はおすすめです。
建設業で資格やスキルがなくても転職できますか?
未経験から建設業で働くことは可能です。ただし、建設業界でステップアップなどを考えているのであれば1級施工管理技士や1級建築士などの資格は必須になります。
仕事が忙しいので、仕事を辞めてから転職活動したいのですがよいでしょうか?
あまりおすすめはできません。なぜなら、職歴がない期間や未収入の期間ができてしまうからです。働いていない期間が続くと焦って転職先を決めなければいけない状況になってしまうため、できるだけ在職中に転職活動を進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA