施工管理をすぐ辞めるのはありか?悩まずロジカルに決断する方法2選

アイキャッチ

セコカンくん
セコカンくん

いわん太さん。施工管理が思ってたのと違うんですぐ辞めたいんですけど…

いわん太
いわん太

1度冷静になってロジカルに考えてみよう。

  • 施工管理が思っていた仕事内容ではなかった
  • 配属ガチャ、上司ガチャでハズレ引いてしまった
  • シンプルにきつすぎて耐えれない

施工管理をすぐ辞めたいと思うのは、施工管理で働いたことがある方であれば誰しも一度は考えることですよね。

いわん太
いわん太

僕はFラン大卒のブラックな建設業から異業種の大手ホワイト企業に転職を成功させました。

この記事は、施工管理をすぐ辞めるのはありか、ロジカルに判断する方法や辞めてもいい理由、基準、タイミング、おすすめの転職先まで詳しく解説します。

記事を読み終えると、すぐ辞めるかどうかロジカルに判断できるので悩むことがなくなります。

転職のリスクとリターンサンクコスト効果の考え方を知っておけば目先のことだけでなく将来を考えた選択ができます。

辞める辞めないに関わらず知っておいて損のないことなのでぜひ読んでみて下さい。

すぐにでも辞めたいと思う方は、おすすめの転職エージェントを利用して話を聞いてもらいましょう。

施工管理をすぐ辞めるかロジカルに判断する方法2選

ロジカル
いわん太
いわん太

すぐ辞めるかはロジカルに判断しましょう。

セコカンくん
セコカンくん

ぜひやり方を教えて下さい!

リスクとリターンを把握して判断する

物事を判断する時はリスクだけで判断しないようにしましょう。

なぜなら、どんな選択にもリスクに対して必ず何かしらのリターンがあるからです。

施工管理をすぐ辞める場合は、以下の通りです。

【リスク】

・すぐ辞めると次いい職場に転職できる保証は無い

・スキルが身に付いていないままやめてしまう

・周りに逃げたと思われる

以上のようなリスクが考えられます。

一方、リターンは以下の通りです。

【リターン】

・ホワイト転職できればワークライフバランスもよくなる

・違うスキルを身につけることができる

・嫌な思いをしながら働かなくてよくなる

リスクに対してのリターンを考えると前向きになりませんか?

物事を判断する時は適切なリスクをとりつつ、リターンをとるのが鉄則です。リスクを取りすぎても危険ですし、リスクをとらなすぎてもリターンは得られません。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

サンクコスト効果が意思決定に影響していないか確認する

次に施工管理をすぐ辞める意志決定にサンクコスト効果が影響していないか確認しましょう。

サンクコストとは、すでに支出しておりどんな意志決定をしても回収できない費用のことです。

サンクコストによって今後の意思決定に影響を与えることをサンクコスト効果といいます。この考え方は経営者など重要な選択を決断する時などに使われたりする思考法です。

少し分かりにくいので具体例を出します。

【事例1】

特別席でサッカー観戦のチケットを30000円で購入し楽しみにしていました。

ただ、残念なことに当日風邪をひいてしまい外出するのが困難な状況になってしまいました。

上記のような場合、皆さんであればどんな判断をするでしょうか。

だいたいは以下の2パターンになります。

①今回は諦めてしっかり寝て休む。

②高額チケットのため、体調が悪くても観戦しに行く。

①の場合、明日以降のことを考え自分の体調を優先させ家で休養しました。当然、30000円はパーになりました。

一方、②の場合は、30000円がもったいなく感じ、体調が悪いにもかかわらず観戦しました。

体調が悪い中観戦してしまったため、心の底から楽しめないし、今後さらに体調を崩し仕事やその後のスケジュールにも影響がでてしまいました。

②を選択した人は30000円を気にするあまり、その瞬間のベストな選択をできなかったことになります。

これがサンクコスト効果です。サンクコストは金銭だけでなく時間や自分の労力にも当てはまります。

次の事例はどうでしょうか。

【事例2】

設計的な仕事をしたくて今の会社に新卒で入社。入社したもののフタを開けてみれば施工管理の配属で自分のやりたい仕事ではなかった。

今後もすぐに設計部に配属する可能性は少なく辞めようか悩んでいるけど、折角苦労して内定をもらった大手建設会社なのですぐに辞めるのももったいなく感じている状況。

この場合、サンクコストに当たるのは苦労して内定をもらった部分に当たります。

最良の判断をする時には、苦労したことは判断材料に入れず辞めるか考えることが正解なのです。

もし苦労して入ったことを入れて判断すると辞める選択は難しいでしょう。

物事を判断する時にはサンクコスト効果がないか必ずチェックするように心がけましょう。

施工管理をすぐ辞めていい理由

辞めていい
いわん太
いわん太

次にすぐに辞めてもいい理由について解説します。

セコカンくん
セコカンくん

ぜひお願いします。

会社を辞める権利は法律で保障されている

まず会社を辞める権利は法律で保証されていることを知っておきましょう。

労働基準法では退職の2週間前までに退職届を出せばいつでも退職できることになっています。

・抜けられたら困る

・いきなりいわれても無理

・仕事を終わらせてから辞めろ

会社から上記のようなことを言われるかもしれませんが、あくまでも会社側の都合なので気にする必要はありません。

ただし、就業規則で1ヶ月以内に退職の意志を表示することが明記されていることが一般的です。

引き継ぎ期間などを考慮してのことなので円満退社を考えると就業規則に従うのがよいでしょう

施工管理を半年で辞めても経歴にほとんど影響がない

一番不安に思っていることかもしれませんが、たとえ半年とかで辞めても経歴への影響はほとんどありません。

なぜなら、転職が当たり前の時代になったからです。

転職するのが当たり前の時代なので逆に転職歴がないほうが評価されないくらいです。

ただ辞めた理由は明確にしておく必要があります。

施工管理からだと以下の理由は使えます。

・働きすぎて身の危険を感じる

・法定の労働時間を超えて残業していた

・パワハラセクハラがひどかった

・ワークライフバランスを確保したい

・建築以外の仕事をしてみたい

1つだけ注意しておきたいのは、すぐ辞めることを何度も繰り返すのはNGです。

最初の1回目であれば企業側も普通のことだと認識していますが、2回も3回もすぐ辞めてしまうと辞め癖がついているとマイナス評価になってしまいます。

一回目であればすぐに辞めても今後のキャリアへの影響はほとんどありません。

施工管理をすぐ辞めた人で転職後に後悔してる人いない説

僕は今まで施工管理をすぐに辞めて後悔したという人に会ったことがありません。

むしろ辞めてよかったという人がほとんどです。

理由はおそらく転職後ほとんどが施工管理以上にきつい環境でないからだと推測します。

実際、僕の周りも本当に多くの人間が施工管理を辞めていっていますが、施工管理に戻りたい。施工管理を辞めて後悔したという話は聞いたことがありません。施工管理はむしろ辞めてよかった人のほうが圧倒的に多数派です。なのですぐに辞めてもなんの問題もありません。

辞めてよかったことについてはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

施工管理をすぐ辞めるべき人の特徴

いわん太
いわん太

次に施工管理をすぐ辞めるか判断する基準について解説します。

セコカンくん
セコカンくん

知りたいです。

もし今いる会社がブラック企業だった場合、取り返しがつかないことになります。まずはブラック体質な会社かチェックしてみて下さい。

» 今いる会社がブラックか10項目でチェック

すぐ辞めるべき人の特徴

・体調に異変

・精神的に追い詰められている

・セクハラ、パワハラがひどい

体調面、メンタル面に支障が出ているようであればすぐに辞めたほういいです。

なぜなら、支障が出たまま今の会社に勤務し続ける可能性が低いからです。

僕も体調面、メンタル面に限界を感じて施工管理を辞めました。

建設業界は厳しい環境です。環境が変わることで働き方が激変することもあるのですぐ辞めることを強くおすすめします。

施工管理やめとけと言われることも多いのは事実です。長時間労働を筆頭に世間から見て普通ではない環境場合もありますので、改めて施工管理はやめとけと言われる理由を確認しておきましょう。

» 施工管理やめとけと言われる理由

資格や仕事経験を積んでから辞めるのもあり

・施工管理を半年しか経験していない

・資格を取得していない

施工管理にまだ絶望していないなら、1級施工管理技士を取得するまでがんばるのもおすすめです。

なぜなら、施工管理からのステップアップ転職に必須の資格だからです。

この後紹介する発注者転職には1級施工管理技士が必須です。

2022年度から受験資格の基準も変わり取得しやすくなっているので、できれば1級施工管理技士取得まで辞めないことをおすすめします。

施工管理の仕事内容はきついのでやめてしまいたいと思う気持ちもわかりますが、もしかしたらもうひと踏ん張りする必要があるかもしれません。もう一度施工管理の仕事内容について整理しておきましょう。

» 施工管理のな仕事内容を本質部分から解説

施工管理を辞めて転職するタイミング

タイミング
いわん太
いわん太

すぐ辞めたいけど、現場が動いているので辞められそうもありません。

セコカンくん
セコカンくん

辞める時、誰もが通る道だね。

施工管理が限界なら今が転職するタイミング

施工管理特有の仕事内容にストレスを感じ限界寸前なら、今この瞬間が辞めるタイミングです。

なぜなら、リスクとリターンを考えるとすぐに辞めたほうがメリットがあるからです。

今の仕事を続けて体を壊したり、精神的にやられてしまうリスクを考えると転職するリターンのほうがはるかに大きいです。施工管理は職人との人間関係や関係者との調整事項、工程管理など業務は多岐にわたり、とても大変な仕事です。また人材不足が続いておりすぐ辞めるメリットは挙げればきりがないくらいです。

ただし、転職先は確保しておく必要があります。なので辞めるために転職活動を開始しましょう。

最短ルートは転職エージェントに登録することです。最短で1、2ヵ月もあればよい職場に出会えます。

まだ余裕があるなら現場が終わるタイミングがベスト

辞めるタイミングとしては、現場が竣工した後がベストタイミングです。

なぜなら、 自分の仕事量が最小限になるからです。

施工管理をやっていると仕事をたくさん抱えているので、周りの目もあり途中で辞めずらいので現場が竣工した後だと辞めやすいのは何となくわかりますよね。

次の現場が決まるまで比較的暇だったりするので転職活動するにも向いている時期です。

ただ、現場が終わるまで待てない場合がほとんどだと思いますので周囲のことは気にせず転職しましょう。

自分が一番であることは、絶対に間違ってはいけない優先順位つけなので強く意識することが大切です。

長期的な目線でキャリアを考えるなら辞めない選択もあり

長期的キャリアを考えるなら、少なくとも1級施工管理技士の取得、できれば現場代理人の経験を積むまで施工管理を続けるのも選択肢としては十分ありです。

なぜなら、転職に有利になるからです。

僕も1級管工事施工管理技士と現場代理人の経験が評価され発注者にホワイト転職できました。

現場代理人の経験は会社の規模や巡り合わせにもよるので、そこまで意識しなくてもいいですが1級施工管理技士の資格は取得できるに越したことはないです。

もし長期的な目線でキャリアアップを考えるなら、辞めないという選択肢も考えておきましょう。

施工管理の辞め方は慎重に考える

辞め方は人それぞれですが、今後のことを考えると慎重に考える必要があります。

理由は、円満退職できないと退社が時期が遅れたりし、自分が損をする可能性があるからです。

正攻法は、就業規則に準じた期日までに「退職届」を直属の上司に提出することです。

ただし、以下のことは十分に考えられます。

・退職を報告するのが言いづらすぎて耐えれない

・上司にパワハラされており会いたくない

・なかなか辞めさせてもらえない

・会社のことが信用できない

上記のような場合、最終手段として退職代行サービスを利用して退職する方法があります。

退職代行はその名の通り退職に関する手続きを一手に引き受けてくれるサービスで、頼めば会社の人と会わず一切会うことなく退職することが可能です。

個人的には退職代行は最終手段だと考えていますが、これ以上会社に関わりたくないという強い意思があれば退職代行サービスを利用してみましょう。

辞め方は人それぞれですが、慎重に考えましょう。

施工管理をすぐに辞めたい人は転職先を確保しておこう

転職先の確保
いわん太
いわん太

すぐ辞めたくなるのはわかるけど、辞めるには転職先を確保してからにしましょう。

セコカンくん
セコカンくん

辞めてからだとまずいですか?

転職先を確保してから辞めたほうがいい理由

すぐ辞める場合、在職中に転職先を決めてから辞めることをおすすめします。

なぜなら、辞めてから転職活動をすると働いていない期間ができてしまうからです。

早く次の転職先を決めたい焦りから、望んでいない求人を選んでしまったり安易に転職先を選んでしまいがちです。働いていない期間は無給になりますしおすすめできません。

できる限り在職中に転職先を決めておいたほうが安全です。

なかなか転職活動する時間はないよと言った方は、転職エージェントだけでも登録して情報収集しておきましょう。

事前に転職市場を知っておくだけでも価値があります。若手であれば未経験の職種にもチャレンジできます。無料で利用できるので登録しない手はないです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてみて下さい。

優良サービスを厳選して選んでいるので、まずはこの記事を参考にしてみて下さい。

施工管理を辞めた後失敗したと思わないためには

転職に失敗しないためには、自分自身で「転職の軸」を決めておく必要があります。

なぜなら、軸がブレてしまうと次の就職先に求める条件がブレてしまう可能性があるからです。

最初はワークライフバランスを希望していたけど、給与を優先してしまい結局ワークライフバランスがよくならないということは実際よくあります。

おすすめは発注者

施工管理からの転職先でおすすめの職種はずばり「発注者」です。

なぜなら、ワークライフバランスがよく、裁量権があり、給料もそこそこいいところが多いからです。

特におすすめは、ファシリティマネジメント」「デベロッパー」「公務員で僕はファシリティマネジメントを専門に働いています。

もし施工管理から転職先に悩んでいるようであれば発注者を検討してみて下さい。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

まとめ

いわん太
いわん太

それではまとめです。

施工管理をすぐ辞めるかロジカルに判断するには、リスクとリターンを把握することと、サンクコスト交換が影響していないか意識する。

会社を辞めることは法律で定められている当然の権利で、1回とかであれば経歴に傷もつかないし、むしろ辞める人が多数派。

体力的、精神的に限界な人はすぐに転職。1級施工管理など取得して辞めるのがベストで、できれば現場が終わってから転職できれば最高だけど、無理に合わせなくてもOK。

すぐに辞めたいなら、転職サイトやエージェントに登録して転職先を確保しておきましょう。おすすめは、『発注者』です。

では、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA